あなたも賢く資金調達!不動産を活用した資金の作りかた

不動産を有効活用して資金調達をしよう

目的は大事!数年後を見据えた計画書と審査が必要な資金調達

相続した不動産や、もともとある不動産をさらに増やし有効活用した資金調達の方法にはどんな種類があるのでしょうか。
資金調達の方法として、一般的に挙げられるのが銀行、政府系の金融機関である日本政策金融公庫、地方公共団体が行っている制度融資、不動産担保ローンなどがあります。
ここに書き出したものはほんの一部で、不動産が絡まない資金調達を加えると数十種類、事業向けの融資では事業主さんが気づいていない方法も多いそうです。
資金調達をタイプ別に分けると、不動産のような資産を利用して資金にするアセット・ファイナンス。
銀行などから借りて負債で資金にするデッド・ファイナンス。
個人投資家から直接資金を募るエクイティ・ファイナンスがあります。
聞けば聞くほど難しい印象がありますが、申請や手続き、書類の作成等をサポートしてくれるのが不動産に強い税理士です。
不動産を活用していくにあたり、経営シミュレーションをします。
短期ではなく長期で考えていくので、経験や実績を積んだ専門家の視点が重要になってきます。
経営者の考えにマッチしているか。
税金関係はどうなるのか。
不動産を活用したときの、収入と支出の詳細、バランスはうまく取れるのか。
税理士へ相談する内容として、どれだけの節税効果があるのか知りたい、不動産会社へ相談して出してもらったプランが不安で確認するため、というのがあります。
税理士は、税務相談、税務署に対する手続き、申請を行う税務代理。確定申告、相続税、贈与税の税務署類の作成。
財務分析、会計指導などを行い財務書類の作成をする会計業務。
税務訴訟で税理士が補佐人となり、裁判所で陳述をする補佐人制度。
企業の経営状況を把握して経営に関するプランニング、不動産の有効活用や診断といったコンサルティング業務と幅広い業務を行います。
不動産を活用した資金調達のための方法を見ていきましょう。

どこに相談する?不動産を有効活用して確かな資金調達を

新事業のため、または住宅を購入したいので不動産を利用しての資金調達。 不動産を活用し融資を受ける方法はいくつかあるのですが、それぞれに申請する書類があり事業目的では事業収支計画書や資金繰り表、個人では見積もりなどたくさんの資料を提出します。 国の機関か、民間で審査の度合いも金利も変わるようです。

不動産を担保にして融資額が決まる仕組みとは?

土地や家屋の担保価値が融資金額に影響するらしい。 とくに民間の金融機関ではいくつかの条件で計算して担保額を出します。 担保価値が低いと審査が通らなくなるばかりか、希望の融資額も厳しくなるでしょう。 厳しいと思ったら、審査がやさしく金利が低いところを見つければいいわけです。 不動産担保の仕組みとは?

担保に設定できる不動産と資金の使い道について

土地に建物があれば、不動産として担保にできると思っている人がほとんどだと思います。 担保にできる不動産とは、売れる不動産のことを指します。 担保に設定できない不動産の条件は何なのか考えてみましょう。 不動産を担保にして融資された資金の使い道に制限はあるのでしょうか。