不動産を担保にして融資額が決まる仕組みとは?

不動産の担保額の基準って?

不動産を担保にして融資を受ける場合、不動産の担保価値が借り入れ希望額に影響します。
簡単に言うと、不動産の担保価値が低く借り入れ希望額が大きい場合、審査には通らないのです。
担保評価額に対して100パーセントではなく、70から80パーセントの掛け目になっているようです。
ここに出てくる掛け目とは、万が一延滞などがあったときに不動産担保から確実に回収する必要があるために、担保評価額に対して設けられる設定値なのです。
預貯金や国債などにも掛け目が設定されています。
金融機関のためのお守りのようなものです。
不動産の担保評価の中身はどうなっているのか?土地と建物、別々で評価されます。
土地は固定資産税評価額、基準時価、路線価、公示地価で評価額を出していきます。
建物は再調達価格といわれる建て直し費用、延床面積、残存年数、建て方で変わる法廷耐用年数で出します。
耐用年数が超過した建物についての評価はゼロです。

審査がやさしい不動産担保ローンの条件は?

申請書や計画書、資金繰り表などが必要ですが、審査が比較的やさしく金利も低めの日本政策金融公庫に触れました。
では民間の金融機関ではどんな条件下だと審査に通りやすくなるのでしょうか。
不動産担保ローンは、手続きの際に事務手数料が発生します。
中には手数料無料のところがありますが、大抵は融資額の数パーセントが手数料に設定されているようです。
数パーセントとはいえ、高額になれば手数料も上がります。
全体の金額に影響する金利。
金利が高くなれば、当然金融機関の収入のプラスになるので審査では通りやすいそうです。
例えそれがわかっていても、利用者側は事務手数料や金利が安いほうがいいに決まっています。
金利も時期によって設定が変わるので時間との勝負になります。
高額になればなるほど、タイミングを外すと数パーセントの差で後悔することもあるのです。